自動車保険は「安かろう悪かろう」が許されない

自動車 任意保険料 相場

自動車の任意保険料を一括見積もりで比べると、通販型が圧倒的に安くなります。
従来型の保険に比べてあまりにも安くなるため、心配になるかもしれません。


保険の通販つまり「直接販売」は日本では1997年に解禁になりました。
日本では禁じられていましたが欧米などではその以前から普通に行なわれている販売形態です。


通販型の任意保険料が安いのには明確な理由があります。

最も大きい理由は、
代理店・支店などの中間コストを省略し「直接取引」を行っていることです。

中でも代理店手数料は保険料の20%ですから、この差は決定的です。
5万円の任意保険料が代理店手数料を省くだけで4万円になってしまいます。


通販型も代理店型も金融庁の認可・監督を受ける全く同格の保険事業であり、
「安かろう悪かろう」が許されるはずがありません。

数年ほど前に保険金の出し渋り問題で代理店型大手各社が金融庁から是正を受けました。
代理店型であろうが通販型であろうが問題があれば金融庁が放って置かないということです。


自動車 任意保険料 相場|通販型と代理店型


自動車の任意保険料、通販型と代理店型の違いを見たことがありますか。

まずは一括見積もりで比較した年間保険料をご覧ください。(免責ゼロ車輌保険付)

■通販型
チューリッヒ     37,080円
アクサダイレクト   40,280円
ソニー損保      42,760円

■代理店型
富士火災       56,990円
日本興亜損保     57,540円
東京海上日動     57,770円

※30代家族…対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし

【条件】 住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


特定の条件での比較ですが、任意保険料の最安と最高との差は2万円を越しています。
加入条件によっては2倍に近い差になることも珍しくありません。


自動車の任意保険は現在24社が販売しそれぞれの特色で競争をしています。

時間があれば別ですが、このような数多くの自動車保険商品の相場の違いは、
今のところ一括見積もり以外に確かめる方法はないと言って良いでしょう。


多くの商品から良いものを選べるようになったのが保険自由化の最大のメリットです。
一括見積もりは任意保険料の相場を知るために欠かせないサービスになりました。


自動車 任意保険料 相場|通販型 事故の時大丈夫?


「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店型も通販型も同じです。
代理店による事故対応のあっせんや仲介は法律違反になり行なわれることはありません。


「事故の時は代理店型のほうが安心」という言い方には、
代理店が事故対応を行なうようなニュアンスがあり注意が必要です。

事故の時の代理店のメリットはあくまでもプロとしてのアドバイスです。


代理店型の問題点は専業のプロ代理店が非常に少ない(業界の10%)ことです。
ネットで「代理店探しが最も重要」というコメントが多いのはこういう背景があるからです。

代理店手数料を払うのになぜ顧客側で代理店探しをしなければいけないのでしょうか?
副業のアマチュア代理店の場合の割引があるわけでもありません。


代理店型の方が安心というのは、
プロのアドバイスが可能な「プロ代理店」に恵まれた時の話だと考えるべきです。


逆に通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットです。


自動車 任意保険料 相場|一括見積もり利用者の体験談

軽自動車の保険の相場を知るには一括見積もりに勝る方法はないでしょう。
一括見積もりサービスはまさに保険選びや保険の見直しのためにあるようなものです。

でも初めての場合ネットでの見積もりはちょっと不安かもしれません。
また無料サービスであるための疑問があるのかもしれません。

●入力がむずかしいのではないだろうか。

●補償内容が比較できるのだろうか。

●無料ロードサービスの比較がわかるだろうか。

●あとで電話勧誘があるんじゃないだろうか。

まずは一括見積もりの実際の利用者の体験談をご覧ください。


利用者の体験談はこちら こちら 一括見積もり利用者の体験談


●一括見積もりは見積もり相場を知るための必須サービス

自動車保険の自由化から10年以上経って、自動車保険は様々な特色を持つ各社の商品の中から選ぶことができるようになりました。

反面、商品が多くなっただけに、それらを横並びに比較するしたくても1社ずつの見積もり依頼では不可能な状態になってしまいました。

自動車保険各社は、例えば、ゴールド免許など優良ドライバーや週末ドライバーをリスク細分で優遇するタイプ、逆に免許の色や走行距離では保険料に違いの出ないタイプ、走行距離では差が出ないがゴールド免許の割引は行うタイプなど、各社がそれぞれターゲットを絞って特色のある商品を販売しています。

一人ひとりの条件の違いによってどこが一番安くなるのかは、具体的に見積もりを比較しないと分からないようになっています。

今や、見積もりの相場の的確な比較・検討によって自動車保険を選ぶには一括見積もりサービスが欠かせないものになったと言っていいでしょう。

手元の見積もり資料によってマイペースで安い自動車保険を探せることが一括見積もりの最大のメリットです。


自動車保険は、年齢、居住地域、車種、クルマの使用目的、年間走行距離、運転免許の色、安全装置の有無など、一人一人の加入条件によって違ってきます。

また、各保険会社によって顧客ターゲットの設定が違うことから、例えば免許証の色であってもゴールド免許の割引をする所もあればと割引がないところもあるというように、割引やリスク細分の内容も会社によって同じではありません。

このような状況の中で、自分にピッタリの保険を見つけるためには、同じ加入条件でいくつもの保険会社から見積もりを取り寄せて比べてみることが欠かせなくなります。

でも、1社か2社ならまだしも、数多くの保険会社から見積もりを取るためには、膨大な時間と労力を要することになります。

このようなときが自動車保険一括見積もりサービスの出番なのです。

複数の保険会社の見積もりを一度の入力作業だけで一覧付きで取り寄せることができ、自分の加入条件による各社の保険料、サービス内容などをマイペースでじっくりと比較・検討することができます。

また、一括見積もりのサイトでは、各社のロードサービスの詳細な比較、事故対応サービス利用者の体験談など口コミ情報も掲載されており、自動車保険選びの参考になります。

Copyright © 自動車の任意保険料 タイプ別の相場 All Rights Reserved.